MENU

退職代行の最強ガイドです。

退職代行サービス、退職代行会社を選ぶ基準を退職が初めての方、退職したいけれどなかなか言い出せない方、パワハラ、セクハラ、モラハラがはびこるブラック企業に勤めていて辞めさせてくれない方に向けて、わかりやすくお伝えします。

3分でわかる退職代行サービスの概要

3分でわかる!退職代行サービス
3分でわかる!退職代行サービス

現状、種類、そしてメリットとデメリット

退職代行サービスは、労働者が直接会社に退職の意向を伝える代わりに、専門の代行業者がその役割を担うサービスです。
退職代行サービスは、退職を希望する従業員が直面する可能性のある心理的、または実際的な障壁を取り除くことを目的としています。

退職代行会社の現状

退職時にトラブルになるケースは約3割あるといわれています。
ご自身が退職することでトラブルが発生する可能性があったり、引き留められるのが面倒という方が増えています。
このような現状で、退職代行サービスの需要は、労働環境の変化や働き方の多様化に伴い、近年拡大しているのです。
特に、人間関係の問題や過重労働、ハラスメントなどの問題を抱える労働者からの需要が高まっており、多くの新しい業者が市場に参入しています。

退職代行の種類

退職代行サービスには大きく分けて、弁護士が運営するサービス、民間企業が運営するサービス、そして労働組合が提供するサービスの3つの種類があります
それぞれに特徴があり、利用者の状況やニーズに応じて選択されます。

退職代行を利用するメリット

  1. 心理的負担の軽減:退職意向を直接伝えるストレスから解放されます。
  2. 円満退職の可能性:専門家が適切な方法で退職の意向を伝えるため、トラブルを避けやすくなります。
  3. 時間の節約:退職手続きにかかる時間を削減し、次のステップに素早く進むことができます。
  4. 有給休暇の消化:退職代行サービスを利用することで、有給休暇を取得しながら退職することが可能になる場合があります。

退職代行を利用するデメリット

  1. 費用の発生:退職代行サービスには料金がかかり、平均して3万円前後のコストが発生します。
  2. 社内関係の悪化:退職代行を利用することで、元の職場との関係が悪化するリスクがあります。
  3. 悪質な業者の存在:市場には不正確な情報を提供する悪質な業者も存在し、注意が必要です。
  4. 法的リスク:民間企業が運営する退職代行サービスが法的な問題を引き起こす可能性があります。

退職代行サービスは、労働者にとって有益な選択肢となり得ますが、利用する際にはそのメリットとデメリットを十分に理解し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。また、自身の状況や退職後のキャリアプランに合わせて、最適なサービスを選択することが求められます。

退職代行サービスの選択は、個々の労働者の将来に大きな影響を与える可能性があるため、慎重に行う必要があります。
サービスの利用を検討する際には、専門家の意見を求めるか、無料相談を提供する業者を利用することも一つの方法です。
最終的には、労働者自身が安心して次のステップに進むためのサポートを提供するサービスを選ぶことが望ましいでしょう。

退職代行 最強ガイド

退職代行 最強ガイド
退職代行 最強ガイド

退職代行会社には大きく分けて、3種類あります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

料金(相場)交渉力損害賠償請求
弁護士5万円以上
労働組合3万円前後×
民間企業2~3万円×
弁護士・労働組合・民間企業の違い(比較表)

要は弁護士法人の運営する退職代行サービスであれば、退職時に発生する問題に対応可能です(追加料金は必要になるかもしれせんが)。
退職するだけであれば、労働組合もしくは民間企業に任せても問題ありません。
なかなか辞めさせてもらえない場合など、交渉力が必要であれば労働組合がよいでしょう。

以下、退職代行 最強ガイドがおすすめする退職代行会社(退職代行サービス)です。

退職代行ガーディアン(労働組合)
退職代行110番(弁護士法人)
退職代行ニコイチ(民間企業)

退職時の確認事項

退職時の確認事項
退職時の確認事項

退職申し込み時に確認させることがありますので、準備しておくとよいでしょう。
確実に聞かれるのは以下の4点です。
①勤務先、②勤続年数、③雇用契約、④私物・貸与品
ほか現状や要望を聞かれます、

会社への退職の申し出以外の必要な手続きは自分自身でやる必要があります。
必要書類への記入や私物・貸与品の整理など(郵送など)です。